弱点をメイクでカバーすることはできるのか

あなたは、自分の顔にコンプレックスがありますか?
人は誰しもコンプレックスを持っていると思います。

 

顔のコンプレックスなら、ある程度メイクで隠すことができます。

 

メイクでコンプレックスを隠すことについて

 

メイクでコンプレックスを隠すことは「嘘」になるのではないか?
いえ、そうではありません。

 

女性にとってメイクはマナーでもあり、オシャレでもあります。
メイクでコンプレックスを隠すことは、相手に不快感を与えないためにも大切なことです。

 

例えば、「キレイな人の方が得をする」なんて言われる事がありますが、全くその通りです。
顔が整っている、肌にツヤがある、それはあまり関係ありません。

 

キレイになろうという努力があるからこそ、キレイは作ることができます。
また、努力している人ほど人に認められて得をするようになります。

 

社会に出てメイクをすることは、スーツを着ることと同じです。
いわゆる、女性の正装であり、社会で生活する為のマナーになっています。

 

就活本には「就職活動で使えるメイクの仕方」が書かれています。
それだけ女性にとってメイクは必要なものであり、隠すことは悪いことではないということです。

 

芸能人もメイクのおかげで輝いている

 

芸能人は、女性はもちろんのこと、男性もメイクをしています。
シミ、シワ、ニキビなどをメイクで隠して自分の顔に華を持たせています。

 

「テレビに出る人間として当たり前」「メイクを取ったら汚いですよ」と言う人もいます。
芸能人は、メイクをすることで自分を際立たせることができると知っています。

 

腕の良い専属のメイクさんを雇って、
できるだけ華を持たせられるようなメイクをしてもらいます。

 

地デジ化、液晶テレビなどの登場によって、
テレビはより鮮明に芸能人の肌を映し出せるようになりました。

 

それに伴い、芸能人たちは、さらにメイクに力を入れるようになりました。
つまり、家電の発達と共に、メイク技術も発達してきているということです。

 

「芸能人の様にキレイになりたい」
と思う人がいれば、技術だけでなく、化粧品の品質も進化しました。

 

できるだけ簡単で使いやすく、
より肌をキレイに見せるための化粧品が開発されています。

 

今や、メイクをすることは、「弱点を隠す」ということではありません。
「自分をもっと輝かせるもの」と認識が変わってきたのではないでしょうか。

 

メイクで輝ければ世界が変わる

 

 

自分をメイクで輝かせることによって、どう世界が変わるでしょう。
例えば恋愛なら、メイクはあなたの魅力を引き出す手段になります。

 

相手にキレイ、カワイイと思わせることができれば、
狙っている男性をゲットできる確率があがります。

 

疲れのせいかシミが増えて、すっぴんでは外に出られないという方も、
メイクをすれば外出できると思います。

 

女性ならいつまでもキレイでいたいと思うのは当たり前のことです。

 

メイクをしてキレイを作ることで、人前に出る勇気を持つこともできるでしょう。
つまり、メイクで自分に「自信」を持たせることができます。

 

弱点をさらけ出すことも時には大切かもしれません。
しかし、弱点を抱えたまま前向きになれないなら、気持ちが暗くなってしまいます。

 

常に弱点を出しているということは、自分が不利な状況に置かれてしまいます。
そういう意味でも、メイクをすることは決して悪いことではないのではないでしょうか。